花のある暮らしを始める前に…花瓶のいろいろ集めてみました。

記事更新日: 2020/07/28

ライター: あや

「花のある暮らし」を自分らしく…

花瓶はお花を飾るために必要なもの、選び方は人それぞれ。

  • お花を際立たせるもの
  • 花瓶も楽しめるもの
  • 身近なもを代用して

それぞれの「花のある暮らし」を楽しめるように、花瓶のいろいろまとめてみました。

花を見て、嬉しくなったり、心地よくなったり、悲しくなったり…

ちょっとだけ豊かなお家時間を、自分の心に変化を与えてくれる「花のある暮らし」を始めてみました。

どんな花瓶に生けるのか、それだけで見え方も気分も変わります。

花瓶の特徴で印象が変わる

「筒型」で高く魅せる

高さのある花に向いているのはもちろんですが、真っ直ぐ上に向かって花を立たせることが出来るので、凛とした印象を持たせることが出来ます。

筒型がしっかりと花をホールドしてくれるので、大きく曲がってしまいがちな花でも安心して飾ることが出来ます。

「個性的」で花瓶が主役?

花よりも主張をしているようで、花を一層際立たせている「個性的」な花瓶を選ぶのも良いですね。

飾りたいお花がない時でも、花瓶だけで楽しむことが出来ます。

「透明」は花を選ばない

透明な花瓶は、花を選ばない万能的な面もありますが、花瓶から透けて見えるお水も一緒に楽しむことが出来ます。

みずみずしさをお家で感じることができるため、夏の時期なんかは視界から涼しさを感じられます。

水をたっぷり入れることで、お花も水を吸いやすくなるんだとか。

「陶器」で少し落ち着きを

陶器の花瓶は高級感や落ち着きを感じさせます。

玄関や廊下、リビングなどの来客が目につく場所に置くことで、室内の印象も格段に変わります。

他の花瓶に比べ少しお値段は張りますが、空間を引き締めるインテリアとして選択することも出来ます。

「割れない」安心感

小さいお子さんや、ペットを飼われている方にオススメなのが割れない素材で作られている花瓶です。

  • シリコン製
  • プラスチック製
  • ビニール製

と種類もデザインも豊富にあるので、花瓶が割れてしまう不安がある方は割れない素材から選びましょう。

 

▼ビニール製の花瓶を販売されている「D-BROS」さん

あえて花瓶は選ばない

身近にあるもので代用することも一つの方法です。

お金をかける事なく、捨ててしまうものを使ってみたり、捨てられないものを使ってみたり…

色んなアイディアをご紹介します。

可愛いお店の紙袋

ついつい可愛くて捨てられない紙袋ありませんか?

それを花瓶の代用として、一つのインテリアにしてしまうのはいかがでしょうか。

可愛い紙袋とお花の組み合わせはまさに「目の保養」お家時間をより良いものにしてくれます。

使わなくなったマグカップ

マグカップを花瓶の代わりとして使う。

最初は花瓶に生けて飾り、時間が経つごとに根元を切って低くなった花をマグカップに飾るのも良さそうです。

カゴ

カゴの中に花瓶を入れるアイディアが光る飾り方。

写真のようにひまわりと合わせると「麦わら帽子+ひまわり」で夏を感じることが出来ます。

素材の感じも楽しめて、少し安らげる感覚になります。

空き瓶

今は珍しい、コカコーラの瓶ボトル。

このように、飲み物の空き容器を利用する飾り方もあります。

少しレトロな感じが出ていて、インテリアとしても活躍します。

香水やお酒の容器

お気に入りの香水や、お酒の空き容器なんてアイディアはいかがでしょうか。

好きなものを違う方法で飾り続けつ嬉しさがあります。

大切なものに、花を添えて楽しむ時間にしてみるのも良いですね。

花を飾ることで

  • 視覚的カラー効果
  • 部屋を綺麗に保ちたくなる
  • リラックス効果

フラワーセラピーとも呼ばれていて、花から「五感」を直接刺激することで心身に癒しを働きかけるとも言われています。

例えば、観葉植物の「緑」からは健康的な印象が与えられ、「赤」からは情熱・エネルギーを感じることが出来ます。

その時の状態に合わせて花を選ぶことも出来ますし、ふと手に取る花の色で自分の状態に気づくことも出来ます。

花を飾ることで、自然と部屋を綺麗にしようという心理が働きやすくなります。

部屋が綺麗なことで

  • 精神的に安定
  • ストレス解消
  • 頭の整理

そのほかにも様々な効果があるとされています。

部屋が散らばってしまう方の片付けるきっかけに「花のある暮らし」を取り入れてみても良さそうです。

大事なことは…

気持ちが穏やかになったり、心地良くなること。

自分時間や、大切な人と過ごす空間に「花を添えて」ちょっぴり満たされるお家時間を過ごしてみませんか。

この記事を書いたライター

あや

最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

北海道出身のあやです。

広大な大地で、のびのびと育ちました!よく笑います。

心地よく生きるをモットーに、大切な人を大切にできる自分でいたい。

「素直にありのままに」情報をお伝えします!

この記事に関連するラベル

カテゴリー

ページトップへ