お花を家に飾ってみよう。手軽に心地よく始める花のある暮らし

記事更新日: 2020/08/14

ライター: あや

お家で過ごす時間が多くなったことで、少しでも過ごしやすい空間にしようと「花のある暮らし」を取り入れる人が増えました。

陽の光が気持ちよく入るお部屋、建物に囲まれ1日中蛍光灯で過ごすお部屋、人によって様々なお家時間があるかと思います。

「花のある暮らし」で、今の生活にほんのちょっぴり満たされる時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

この記事では

・花時間を始める心構え
・花の癒し効果
・長持ちさせる方法

について、ご紹介させて頂きます。

重要なことは、自分にとって縛りを作らないこと。

「花のある暮らし」始めてみたけど、続けなくても良いんです。

自分の気持ちが心地よくなれるペースを見つけてみて下さい。

花のある暮らしを始める前に

「よーし。花を飾る習慣を始めよう!」と意気込んでいませんか?

今まで、花を飾る習慣がなかった人は「花を飾り続けること」が負担になってしまいます。

花たちだって生きているので、当然水を与えなければ萎れてしまい、枯れてしまいます。水の交換も必要です。

ほとんどの花は1週間弱で捨てることになるのです。

今までの生活に、朝のたったひと手間かも知れませんが負担になる人も多いでしょう。

「花のある暮らし」は心地よく部屋を彩るだけでなく、少なからずあなたの負担になることも意識してから始めましょう。

花には癒し効果が証明されていた。

国立大学法人
千葉大学環境健康フィールド科学センター
自然セラピープロジェクト

2011年に「花きの効用に関する正しい知識の検証・普及事業」において、花がもたらす癒し効果について研究結果を発表していました。

千葉大学 環境健康フィールド化学センター
自然セラピープロジェクトHPは下記リンク先より

http://www.fc.chiba-u.jp/research/naturetherapy/

研究では、バラの花の匂いを嗅ぎ、バラの花を見ることで反応した状態を観察。

その結果、交感神経の活動が抑えられ、副交感神経の活動が活発になり心の状態の調整(バランス)が取れると言う結果でした。

平成26年度(農林水産省)
都市生活者の環境をうるおす「花と緑のパワー」

http://www.fc.chiba-u.jp/research/naturetherapy/assets/pdf/flower2015.pdf

花には、交感神経・副交感神経と呼ばれる自律神経のバランスを整える「調整効果」があると発表されました。

日常に花や緑を生活に取り入れた暮らしをすることで、心の落ち着きやゆとりが生まれやすくなり、落ち込んだ気持ちは上むきへと反応することが研究でも証明されていたんですね。

室内の長持ち方法

室内に飾る花は、鉢植えではなく切り花が多いと思います。

根が切り落とされているため、花が土の養分や水分を吸うことが出来ないため鉢植えの花より持ちが短いのです。

お花屋さんで買うときは、まだ花開いてない物を選ぶのがオススメです。花の選び方がわからなければ定員さんに思い切って聞いてしまいましょう。

また、少し元気がないのかな?と見える花でも、水切りをすることによって持ちが良くなります。

方法は別の記事で説明してますので、気になる方は読んでみてください。

一輪で無理なく始める

お花屋さんには、沢山の花が並んでいます。

選ぶのが楽しく感じる方は良いのですが、悩んでしまう方には「一輪挿し」をオススメします。

自分が目を引いた花を一輪だけ買ってみて下さい。

それだけでも、飾るまでの帰り道を少し楽しむことができますし、お部屋が華やかになります。

花瓶…わざわざ用意しないで

例えば、空いたペットボトル。

最初は家の中にある水が入るものにお花を飾ってみて下さい。

自分が花を飾ることに楽しさや心地よさを感じたら、花瓶を選んでみてください。

それくらい気軽に始めてみて欲しいのです。

定期便で手軽に始める

近年サブスクリプションという定額サービスが注目を集めていますが、お花にも実はありました。

「花の定期便」は、お家に定期的にお花が届くサービスです。

ポストに投函されても大丈夫なのか…。

鮮度はどうなのか…。

そんな不安を検証すべく、当サイトでは実際に試してみました。

こんな時だけ、花を買ってみる

無理して続けなくてもいいんです。

こんな時だけ、花を取り入れて見るのはどうでしょうか。

・ちょっと気分がいい日
・ちょっと落ち込んだ日
・掃除しようと思ってる日
・リモートワークの日

お花は、自律神経のバランスを整えてくれるので落ち込んでしまった日には特に意識して花時間を過ごしてみてください。

掃除しようと思っている日の前日に花を用意しておくと、掃除にも気合が入りますし、綺麗になったお部屋に飾る花は一段と綺麗に見えます。

まとめ

私たちの生活に、寄り添っていたお花たち。

明日、少しだけお花を意識して過ごしてみて下さい。通勤途中、お店の中、レストラン…きっと沢山の花が目に飛び込んでくるはずです。

そんなちょっとした時間を設けるだけでも、心身のバランスは少し整うかもしれません。

ほんのちょっとだけ満たされる「花のある暮らし」ご紹介でした。

この記事を書いたライター

あや

最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

北海道出身のあやです。

広大な大地で、のびのびと育ちました!よく笑います。

心地よく生きるをモットーに、大切な人を大切にできる自分でいたい。

「素直にありのままに」情報をお伝えします!

この記事に関連するラベル

ページトップへ