お花初心者でもわかる!【ハーバリウム】とは何だろう?

記事更新日: 2020/08/16

ライター: いっちー

みなさん、こんにちは。お花初心者のいっちーです。

男にお花なんて、、、と思っていましたが、意外にお花がある生活、悪くないです。笑

 

つい最近、初めて買ったお花がしぼんできてしまい、ちょっとした悲しみに打ちひしがれていました。

その時、お花を少しでも長持ちさせるようにするにはどうしたら良いか考えていたところ、

プリザーブドフラワーに変わる「ハーバリウム」というものがあることを発見!

 

いっちー

「ハーバリウム」とはなんぞや?

 

今日はそんな「ハーバリウム」の世界についてご紹介!

ハーバリウムってなに?

いっちー

まずは「ハーバリウムとは?」というところからご紹介していきます!

ハーバリウムは元来、「植物標本」という意味で、植物学者が植物の研究をするために植物を良い状態で長持ちさせる方法として生まれました。

しかし現在はその保存の良さや見た目のきれいさから「観賞用のインテリアフラワー」という位置づけで多くの方に愛されています。

 

いっちー

写真のように細長いガラスに入れられたハーバリウムはよく見かけますね!

ハーバリウムは、プリザーブドフラワーやドライフラワーを保存用の専用オイルに浸すことで長持ちし、特別なお手入れをせずともきれいな状態が保てるのです。

いっちー

また、オイルによってもたらされる独特の透明感や浮遊感もハーバリウムの魅力の一つであり、普通の生花にはない楽しみといえるでしょう。

 

 

自分でも作れる!

いっちー

ハーバリウムは自分でも作ることができるのはご存じでしょうか?

必要なものはたった4つだけ!

ハーバリウムを作るのに必要なもの

①ボトル(瓶ならOK)

②ドライフラワーorプリザーブドフラワー(生花はNG)

③保存用のハーバリウム専用オイル

④ピンセット(可能なら専用の長いもの)

 

ボトル内に飾りたいお花ピンセットで調整しながら入れ、最後にボトル内をオイルで満たせば完成!

いっちー

とても簡単にハーバリウムは作成できます!材料費は大きさと使う素材にもよりますが、1,000円前後で完成します!

 

いっちー

東急ハンズに限らず、色々なお店にハーバリウムが作れる材料がありますよ!

どれくらい楽しめるの?

 

ハーバリウムは約3か月~1年が平均的な保存期間を言われています。

しかし必ず「この期間で捨てる」といったことはなく、あくまでも個人的な見解で

 

「あぁ、もうこのハーバリウムは鑑賞用として置けないな。。。」

そう思った時が捨て時だと思います。

(オイルを捨てる際は、食用の油と同様の処理の仕方をしてくださいね!)

 

お花が劣化したり、オイルが変色してきた時がひとつのターニングポイントかと思いますが、少しでも長持ちさせたいですよね。

いっちー

次に少しでもハーバリウムを長持ちさせるポイントを確認してみましょう。

少しでも長く保存させるためには

 

ハーバリウムの弱点といわれるものは以下の3点です。

これだけは避けよう!ハーバリウムの弱点
  • 火気がある近くに置かない
  • 直射日光に当てない
  • 自作の際は生花ではなく、プリザーブドフラワーやドライフラワーを

 

1つ目「火気の近くに置かない」ですが、

これはなんといってもハーバリウムには専用のオイルが必要だからです。当たり前っちゃ当たり前ですが。笑

ハーバリウムに使用されているオイルは普通のオイルとは違います。

そのため、すぐに引火するわけではありませんがやはり火事になってはしまうのは悲しいので、なるべく火の気を避けて保存できる場所に保管しましょう。

 

 

2つ目は「直射日光に当てない」です。

これは、お花の退色(色あせること)の原因として「紫外線」が挙げられます。紫外線を多く受けてしまうと色褪せが発生しやすくなってしまいます。

そのため、直射日光は避けて保管しましょうね。

 

3つ目は自作する際に気を付ける「生花はなるべく用いない」です。

ハーバリウムを作成するときは「生花」でも構わないのですが、水分を含んでいるためこの水分が「カビ」や「雑菌の繁殖」につながってしまいます。

せっかく作ったハーバリウムがすぐダメになってしまうのは悲しいので、なるべくプリザーブドフラワーは造花を利用するようにしましょう。

いっちー

生花を用いたい場合は、逆さに1、2週間ほど吊るして乾燥させ、ドライフラワーになったものを使うと長持ちします!

一番の大敵「水分」を抜くことで、長持ちする度合いが変わってきますよ。

 

どんな時にハーバリウムを送る?

 

 

ハーバリウムは相手に贈るギフトとしてとても人気なものになっています。

ぜひこんな時にプレゼントでいかがですか?

ちょっとしたプレゼントに

ちょっとしたプレゼントを相手に贈りたい。。。そんな時にもハーバリウムは役立ちます!

値段も安いもので1,000円台から取り扱っているものもありますので、感謝の気持ちを伝える際にぜひ一緒にどうですか?

 

誕生日に

いっちー

誕生日にもハーバリウムを贈るのもオススメです!

特に誕生花や、贈る人に込めた「花言葉」を意識して相手にプレゼントできれば、とてもおしゃれですね♪

 

母の日に

母の日といえば、、、真っ赤なカーネーションを贈りますよね。

たとえばそのお花をハーバリウムで送るのはいかがでしょうか?

引用:楽天市場

いっちー

たまにはこんなプレゼントもアリかも!!

 

自分へのご褒美に

いつも頑張っている自分へ、ちょっとしたプレゼントにどうですか?

お花を見てると気分も癒されますし、なによりハーバリウム自体がとてもキレイなので心が癒されますよ!

 

まとめ

ハーバリウム、いかがでしたか?

普段の生活に色を添えることができる「ハーバリウム」。

お手入れも特になにもせず、楽しめるので忙しい人でも簡単に生活に取り込むことができます!

いっちー

生花がダメな方でも楽しめるのがハーバリウム!お部屋に一つどうでしょうか?

この記事に関連するラベル

ページトップへ