ピラティスはダイエットに効果的なのか?頻度はどのくらい?

記事更新日: 2020/11/30

ライター: あや

ピラティスはダイエットに効果的なのでしょうか?

ピラティスという運動は、呼吸法を用いて身体の深部のコアマッスルを鍛えるトレーニングです。身体の柔軟性はもちろん、全身のバランスを整えながら動きやすい体づくりを目指します。

ピラティスを続けることで、インナーマッスルが強化され筋肉量のアップとなり、痩せやすい体づくりが出来るのです。

あや

この記事では、なぜピラティスにはダイエット効果があるのか解説しています。

 

呼吸を使うことでコアの部分を使う

あや

ピラティスをする時に、側方呼吸(胸式呼吸)が使われます。

これは、お腹を平らにし続けたまま肺を大きく360度広げ、横隔膜の周辺にあるコアマッスル(インナーマッスル)を鍛える事にも繋がります。

お腹の深い部分のコアマッスルが鍛えられると、内臓を正しい位置に保つ事ができ、お腹が引き締まったように見えてきます。 もちろん継続する事で、常にコアマッスルが働き、引き締まったお腹になるのです。

深い呼吸を意識する事で代謝が上がる

あや

ピラティスの特徴としては呼吸もその一つです。

深い深い呼吸を意識したり、エクササイズによっては呼吸をコントロールする事で筋肉をより導引する事ができ、筋肉が働きます。

血流も促され、全身へ血液が巡る事で代謝が上がり、痩せやすい体へと導かれていきます。体温を上げる事に繋がる ピラティスを行う事で、筋力が強化され、代謝が上がり体温も上がる事に繋がります。

また、常に呼吸を意識して動く事が多いため全身に酸素がめぐり老廃物を回収します。すると睡眠の質が改善される事にもなるため、全身の代謝も上がり体温の上昇も期待できます。

気をつけること

あや

もちろん、ダイエットとしてピラティスを取り入れるには注意点があります。

ダイエットに効果的なピラティスですが、大事なことは「継続と頻度」です。

レッスンであれば1時間程度のものが多く、週に1度生活習慣にピラティスを取り入れただけでは効果は見込めません。 ダイエットを目的とするのであれば、最低3日に1度を3ヶ月続ける気持ちで始めましょう。

ダイエットは、短期間で行えばリバウンドしてしまう可能性が高くなります。 生活習慣の改善にならないためです。 今の生活習慣が自分の体を作っていると言っても過言ではないからです。

  • 食事の時間
  • 食べているもの
  • 運動習慣
  • 睡眠の時間

など、これらを健康的なものにするためには、短期間では改善されず、すぐに元の生活習慣に戻ってしまうため自然と体型も元に戻ってしまうのです。

もちろん、ダイエットするためにはゆっくりコツコツという訳にも行きませんが、ある程度の頻度と継続することによって長く健康的な身体を手に入れる事に繋がるのです。

ピラティス創設者のジョセフ・ピラティスは

  • 10回で違いを感じ
  • 20回で見た目が変わり
  • 30回で身体の全てが変わる

と言っていました。

ただし、あまりにもレッスンとレッスンの間に時間が開いてしまうと十分にコアマッスルが鍛えられる事がなく、結果筋肉量も上がらずダイエットや痩せやすい身体づくりにはなりませんので、継続と頻度を意識して行いましょう。

まとめ

ダイエットを目的としてピラティスを取り入れるのであれば、週3回以上の頻度で3ヶ月は継続して行いましょう。

あや

短期で痩せたい方には、正直向いていません。

他にも、普段の生活にピラティスの呼吸を取り入れる事で、より効果的に内臓を働かせることも出来ます。すると代謝アップにも繋がりより痩せやすい体へと近づける事が出来ます。

長い目を見て、健康的な身体を手に入れたい方にピラティスという習慣を考えてみても良いでしょう。

この記事を書いたライター

あや

最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

北海道出身のあやです。

広大な大地で、のびのびと育ちました!よく笑います。

心地よく生きるをモットーに、大切な人を大切にできる自分でいたい。

「素直にありのままに」情報をお伝えします!

この記事に関連するラベル

ページトップへ